GOU-GOU.JP

大島弓子 大島弓子 漫画作品 大島弓子 映画化作品 1 大島弓子 映画化作品 2 手塚治虫文化賞
たのしい邦画!

大島弓子

大島 弓子(おおしま ゆみこ、1947年8月31日 - )は、日本の漫画家。24年組と称される少女漫画家のひとり。1947年8月31日 、栃木県大田原市にて生まれる。栃木県立大田原女子高等学校卒業。 1968年、短大在学中に初めて持ち込みをした漫画『ポーラの涙』が『週刊マーガレット春休み増刊』に掲載され、デビュー。以降、『週刊マーガレット』や『週刊少女コミック』『別冊少女コミック』、『週刊セブンティーン』、『LaLa』『ASUKA』などで活動。

1982年より猫のサバと暮らすが、1995年10月6日にサバが死去。同冬に新しい猫を迎え、1997年7月にさらにもう一匹が仲間入りした。その後も猫は増え続け、2007年には同年5月時点で猫9匹、犬1匹を飼育していることを公表。2008年5月時点では猫13匹と公表。

また、1997年12月に入院、悪性腫瘍の手術を行い、化学療法を経て1998年7月に退院した。

2001年、24年間住んでいた「吉祥寺駅5分2DK築33年(2001年時)」のマンションから「一坪ほどのささやかな庭がついた小さな一軒家」へ転居した。2008年には漫画家デビュー40周年を迎えた。

受賞歴

  • 第2回日本漫画家協会賞優秀賞受賞(『ミモザ館でつかまえて』1973年度)
  • 第3回講談社漫画賞少女部門受賞(『綿の国星』1979年度)
  • 第12回手塚治虫文化賞短編賞受賞(『グーグーだって猫である』2008年)

作品

デビュー以降主に『週刊マーガレット』で描いてきたが、1972年以降『少女コミック』 に活動の拠点を移した。その理由を1976年に大島は、当時の『少女コミック』はジャンルの規制をせず自由な編集方針であったこと、また「用いてはならな いことば」がなかったことを挙げ、その環境が今までとは異なったテーマを異なった形式で描くことに自らを誘発したと語った。また、『風車』『ジョカへ…』 『雨の音がきこえる』『罪と罰』の執筆には自問自答を重ね、『つぐみの森』は道徳への自戒の念に幾分かかられながらの執筆となったことを明かし、そしてそ の作品群によって自身の視野の変革がもたらされたと説明した。

また1999年、タイトルの付け方については予告カットとタイトルの〆切の際に漫画の内容が出来上がっていないことが多く、その場合はどのような内容になっても対応できるタイトルを考えて提出すると明かした。

ストーリー漫画とエッセイ漫画の両方を執筆する。1974年から1980年頃までのエッセイ漫画では、『ユーミン』『ユーミンの不可思議な世界』『ユーミンおもちゃ箱』など当時の愛称「ユーミン」を表題に用いていた。

長く住んでいた吉祥寺の近くにある井の頭自然文化園は、大島自身が主人公となる漫画に頻繁に登場する。セーラー服におさげ姿で描かれる象のはな子はここで現在も飼育されている。

漫画が原作の映画を見よう!

ゆかりのある著名人

  • 犬童一心 - 映画監督。2005年、大島の中編作品『つるばらつるばら』が映画『メゾン・ド・ヒミコ』の出発点であったと語った。
  • おおやちき - 元漫画家・イラストレーター。1978年に、大島のイラスト集に友人としてメッセージとイラストを寄せている。また、大島のアシスタントをしたこともある。
  • 岡崎京子 - 漫画家。1994年に、自身の作品で大島の作品の一部をオマージュした。
  • 穂村弘 - 歌人。歌集の帯へ載せる推薦コメントを書いてもらうために大島の家を探し歩いたエピソードを自著に記している。実際に大島は穂村の歌集『シンジケート』(1989年)の帯文を書いた。
  • 真崎守 - 漫画家。1978年に大島のイラスト集に大島作品についての評論を寄せている。また、1979年の『ぱふ』の大島特集の企画では大島と筆談を行った。
  • よしもとばなな - 小説家。2001年、自身の公式サイトの日記で、大島を自らの精神の血と肉を作った人々のひとりであると記した。
  • 脇明子 - 英国ファンタジー研究者・翻訳家。1978年に、「愛しのユーミン様へ」という企画で大島と手紙を交わした。

映画化作品

  • 赤すいか黄すいか(1982年)
    • 監督:犬童一心/出演:山本裕子、富士秀也、毛利治子
  • 綿の国星(1984年)
    • 監督:辻伸一/出演:冨永みーな、野沢那智、島田敏、羽佐間道夫、上田みゆき
    • 虫プロダクションによるアニメーション映画。大島は脚本に参加したほか、挿入歌『鳥は鳥に』の歌詞を谷山浩子と共作した。
  • 四月怪談(1988年)
    • 監督:小中和哉/出演:中嶋朋子、柳葉敏郎、角田英介、原彩子、新井昌和
  • 毎日が夏休み(1994年)
    • 監督:金子修介/出演:佐伯日菜子、佐野史郎、高橋ひとみ、益岡徹、黒田福美
  • 金髪の草原(1999年)
    • 監督:犬童一心/出演:伊勢谷友介、池脇千鶴、松尾政寿、唯野未歩子、加藤武
  • グーグーだって猫である(2008年)
    • 監督:犬童一心/出演:小泉今日子、上野樹里、加瀬亮、松原智恵子

 

超絶癒し系ぬこ映画