GOU-GOU.JP

大島弓子 大島弓子 漫画作品 大島弓子 映画化作品 1 大島弓子 映画化作品 2 手塚治虫文化賞
たのしい邦画!
鉾田市 不動産、怪しい感じもあるかもしれないけど、見てから決めないと始まらないな 。鉾田市 不動産、そこは皆様に桃源郷というオアシスを提供することの出来る楽園でございます 。鉾田市区を含めた川崎中心部を網羅している当店では、何事も完璧を目指した不動産物件を提案・提供しているという噂を聞くけど、本当なのかな?お客様満足度を調べてみると、一様に全員最高評価を下しているんだけど、さすがに100人近くも投稿していると、信じるしかないな 。とりあえずは、会話をしよう 。
宝塚市エリアの売買・賃貸・不動産情報。賃貸のご紹介はもちろん、オーナー様向けの賃貸管理・運営代行サービスも行っております。入居者募集や解約・退去手続きも対応いたします!
お気軽にお電話ください! 。これからもこれから先も吹田と共に歩んでいきます 。この街の不動産のことなら、吹田 不動産にお任せください!地元に密着した情報も併せて、お客さまのご希望に沿った間取りや地区などご提案させていただきます!地元に精通している私どもですので、どうぞご安心してください 。地域の皆さまに愛され、そしてこの街と一緒に成長してきました 。この街で生まれた私ども吹田 不動産は、生まれた街が大好きです 。

映画化作品 1

綿の国星

原作漫画

綿の国星』(わたのくにほし)漫画作品は1978年から1987年に、『LaLa』(白泉社)に連載され、1979年、第3回講談社漫画賞少女部門を受賞した。アニメーション映画は、1984年に公開された。

漫画作品は、『LaLa』(白泉社)1978年5月号から1987年3月号に不定期連載された。1979年、第3回講談社漫画賞少女部門を受賞。その後、1994年から2006年に、続編「ちびねこ」が『おひさま』(小学館)で不定期に連載された。擬人化された雌の子猫・須和野チビ猫と、周囲の猫達や人間達の様子を描いた作品。

連載当時に「私は自分を人間だと思っているので、この姿で登場します」という注意書きがあり、作中の猫は読者の為の擬人化なので、作中人物は、猫は猫として認識する。 なお、作中の猫は人の言葉を理解する。

大島弓子の代表作と言われる『綿の国星』であるが、数多い大島作品の中では擬人化した主人公は他にあまり例がなく(漫画エッセイにはあるが)、その 点では特異と言える。子猫の目を通して見た人間模様を描いており、特に連載の後半では一編ごとが独立したコントの色彩が強く、メインキャラクターが現れる 機会がほとんどないこともある。

また、『猫耳』文化の起源であるとも言われている。

登場人物
須和野 チビ猫(すわの チビねこ)
元は飼い猫であったが捨てられ、死にかけていたところを時夫に拾われる。
猫が成長すると人間になれる場合があると信じている。
須和野 時夫(すわの ときお)
18歳。大学受験の失敗で自暴自棄(ノイローゼ気味)になっていたが、ある日チビ猫と出会い変わっていく。
須和野 飛夫(すわの とびお)
時夫の父。小説家。
須和野 二三子(すわの ふみこ)
時夫の母。専業主婦。 チビ猫と出会う前は猫アレルギーであった。(しかし劇中での描写は猫恐怖症、ヒステリーそのもの。本来のネコアレルギーの症状であるくしゃみ、眼の痒みや鼻水などの症状は一切無かった)
美津子(みつこ)
時夫の恋人。法科の大学生。髪型は引っ詰め三つ編み。物語の後半には全然登場しなくなる。
ラフィエル
近所の猫のリーダーで美貌の雄猫。チビ猫に人生論を説く。チビ猫の憧れの対象。
くりまん
続編「ちびねこ」に登場。チビ猫が拾って来た、雌の赤ちゃん猫。
単行本
  • 『綿の国星』白泉社〈花とゆめコミックス〉全7巻
  • 『大島弓子選集』 9、15、16巻(朝日ソノラマ)
  • 『綿の国星』白泉社〈白泉社文庫〉全4巻
  • 『ちびねこ』小学館〈おひさまのほん〉

映画版

映画は1984年2月11日劇場公開。92 分。企画/製作:虫プロダクション。2004年3月31日、DVD版発売。

スタッフ
  • 監督:辻伸一
  • 脚本:辻真先、大島弓子
  • キャラクターデザイン・作画監督:青嶋克己
  • 作監補佐:梅津泰臣、古瀬登、本橋富士子、富沢雄三、千明ゆり
  • キャラクターカラー設定:井上悦子
  • 美術監督:吉原一輔
  • 撮影監督:藤田正明
  • 音響監督:松浦典良
  • 音楽監督:萩田光雄
  • 主題歌:『綿の国星のテーマ』 リチャード・クレイダーマン
  • 插入歌:『鳥は鳥に』
    • 作詞:大島弓子、谷山浩子
    • 作曲:谷山浩子
    • 編曲:萩田光雄
    • 歌:遠藤優子
  • エンディング・テーマ:『ブルーハート』
    • 作詞:来生えつこ
    • 作曲:田中弥生
    • 編曲:萩田光雄
    • 歌:遠藤優子
  • 編集:尾形治敏
  • 製作担当:野村和史
  • プロデューサー:原屋楯男
キャスト
  • チビ猫:富永みーな
  • 須和野時夫:島田敏
  • お父さん(須和野飛夫):羽佐間道夫
  • お母さん(須和野二三子):上田みゆき
  • 美津子:潘恵子
  • 猫マニア(瑠璃動静):塩沢兼人
  • 魚八の主人:野島昭生
  • 鈴木ブチ猫:永久勲雄
  • ラフィエル:野沢那智
  • 月の声:永井一郎
  • その他:三田ゆう子、鶴ひろみ、兼本新吾、はせさん治、斉藤昌、川島千代子、沢りつお、田中康郎、塩屋浩三、村松康雄、中谷ゆみ
漫画が原作の映画を見よう!

四月怪談

あらすじ

高校生の国下初子は、下校中に立ち寄った廃工場で、落下してきた鉄骨に当たりそうになったはずみで幽霊になってしまう。姿が見えないことや瞬間移動の能力を面白がる初子は、先輩幽霊である弦之丞の「早く自分の体に戻るように」という忠告にもなかなか耳を貸そうとしないのだが・・・。

映画版

小中和哉の監督作品であり、初の35mmフィルム作品である。

テアトル新宿にて単館上映された。青春を中心テーマに据えたファンタジー映画である。2008年現在、特撮映画監督としての活動が中心となっている小中和哉の初期作だが、小中のデビュー作が「星空のむこうの国」というファンタジー物であったことを含め、小中自身の「ファンタジー志向」をうかがい知ることが出来る一作である。また本作では、小中も端役として出演しているほか、アニメーターとして板野一郎が参加している。

キャスト

  • 国下初子:中嶋朋子
  • 弦之丞:柳葉敏郎
  • 夏山登(初子の同級生):角田英介
  • 沢木留美子(初子のクラス委員長):原彩子
  • 津田沼宏(初子のクラス副委員長):新井昌和
  • 深沢教諭(初子のクラス担任):水口馨
  • 葬儀社の男:小沢仁志
  • 由美(初子の友人):鈴木愛
  • めぐみ(初子の友人):井沢奈美
  • トラックの運転手:永田豪史
  • 国下耕作(初子の父):寺田農
  • 国下とし子(初子の母):山口果林
超絶癒し系ぬこ映画